1. 排卵誘発剤の通販購入|不妊に悩む女性に知ってほしい薬   >  
  2. 排卵誘発剤の飲み方

排卵誘発剤の飲み方

錠剤を服用する女性

排卵誘発剤はホルモンバランスの乱れを整え、排卵が正常に行われるようにしてくれる薬です。ホルモンバランスの乱れは誰にでも起こり得るもの。それが原因で不妊症になってしまうことがあるため、しっかり改善する必要があります。

排卵誘発剤の効果的な飲み方は、生理初日(1日目)から5日間服用することです。

服用から1〜2週間後に排卵が起こります。排卵痛などがある女性もいますが、ほとんどの女性は無痛・無感覚なので、タイミングを見逃さないようにしなければいけません。

もし3ヶ月経っても効果がないようであれば、1回に飲む薬の量(用量)を増やしてみましょう。

ただし1日の服用量は多くても100mgまでという決まりがあります。それを超えてしまうと副作用が大きくなることが考えられますし、危険です。
安全の範囲内で服用するようにしましょう。

排卵誘発剤はホルモンバランスに作用する薬なので、体調に変化が起こることが考えられます。副作用としては吐き気や頭痛などが多く、生理前と似た症状が現れることがほとんどです。

用法・用量を無視するとこの副作用が大きくなり、重篤な症状を招く可能性もゼロではありません。事前に服用時のルールはしっかり押さえておきましょう。

妊娠中の女性が排卵誘発剤を服用すると、ホルモンバランスの急激な変化によって母体・胎児に何らかの影響が生じる恐れがあるため、妊娠している可能性が少しでもあるなら必ず検査を受けましょう。もし知らずに服用してしまった場合は医師に相談することをおすすめします。

排卵誘発剤は正しく服用すれば不妊治療に役立ってくれる存在です。しかしホルモンバランスに変化をもたらす強力な薬でもあるため、服用する際には気を付けましょう。